Debut - 辻井伸行

Debut

辻井伸行

  • Genre | ジャンル: クラシック
  • Release Date: 2007-10-24
  • Explicitness: notExplicit
  • Country: JPN
  • Track Count: 13

  • ℗ 2007 AVEX ENTERTAINMENT INC.

Tracks

Title Artist Time
1
子守歌 辻井伸行 4:48
2
スケルツォ第2番 辻井伸行 9:15
3
英雄ポロネーズ 辻井伸行 6:24
4
愛の夢 辻井伸行 4:09
5
メフィスト・ワルツ 辻井伸行 11:10
6
ハンガリー狂詩曲 辻井伸行 9:58
7
亡き王女のためのパヴ 辻井伸行 5:55
8
水の戯れ 辻井伸行 5:20
9
ロックフェラーの天使 辻井伸行 2:29
10
川のささやき 辻井伸行 4:54
11
花水木の咲く頃 辻井伸行 3:31
12
セーヌ川のロンド 辻井伸行 2:32
13
高尾山の風 辻井伸行 5:08

Reviews

  • debut

    5
    By たーちんパパ
    先日、ピアノコンサートで聴いた英雄ポロネーズに感動し、辻井さんの演奏を聴いてみたくなりました。彼の才能に感服するとともに、改めて大きな感動を得ました。ほかのアルバムもぜひ購入したいと思います。
  • すごくいい!!

    5
    By なないろ87
    ラヴェルの亡き王女のパヴァーヌは子供の頃から大好きな曲で、いろんな演奏家が演奏しているものを聞いてきました。辻井さんのこの曲の演奏を聞いた途端、鳥肌がたつような感動がありました。音がとても優しい。とても丁寧で、ゆったりして、語りかけるような演奏。まるで音に心があるかのように。プロとはすごいものだなと感動しています。
  • 最高☆

    5
    By えりんこぴ
    辻井さんのピアノを聴くと、他のはもう聴けなくなる! 英雄ポロネーズは鳥肌たちます。
  • すばらしい

    5
    By wataame1238
    こんなに滑らかな「英雄」は聞いたことがない。 盲目を思わせるところがひとつも無く驚いた。 さすが 世界を担う一人のピアニストだ
  • 川のささやき

    5
    By 前田慶事
     辻井さんのコンサートに行きました。アンコールの最後の曲が「川のささやき」でした。春の川辺を父親と散歩していたら、川がささやきかけてきた曲だと演奏前に自分で解説してくれました。陽光の中水面の輝く様、大好きな父と散歩している様が目に浮かび、涙が出ました。彼は天才です。
  • 心が洗われました

    5
    By RAY.1
    「川のささやき」最高です 目を閉じて聴くと奇麗な川のながれと素晴らしい世界観を感じます 初めてピアノの演奏に感動しました。 今後の活動を注目させて頂きます
  • おすすめです

    5
    By kogiku
    繊細でやわらかな音に癒されています. どれも素敵ですが,『高尾山の風』は,視覚情報など些細なものなのだと感じさせられるくらいに,高尾山の様子を浮かび上がらせるものになっていると思いました.
  • 光の音楽

    5
    By マギ
    音が光になってその情景を描いているという感覚を受けました。 気づいたら瞼を閉じて聴いてました。 音が見えるような描くような…、不思議な気持になりました。 音が眩しい素敵なアルバムです。
  • 神が与えた才能!

    5
    By saru子
    一般的に器楽演奏は才能が早く花開くとされていますが、それは目が見えて、厳しい研鑽を積んでというもの。彼の場合は全盲というハンディを飛び越えなくてはいけなかったのですから…音色は意外に(失礼!)男らしい感じです。そして何度聴いても癒されます。神は彼に演奏する喜びを与えたのだな、と思います。コンチェルトも良いですが、この小品集にも彼の奏でる世界が溢れてますよ♪
  • 聴き入ってしまいました

    5
    By つばめ急便
    アルバムを通して、辻井さんはピアノそのものの音が好きなんだな、と、聴いていて嬉しくなってしまいました。スケルッオを何のきらいもなく、素直に(と言ったら失礼でしょうか)演奏するのはすごく難しいのではないでしょうか。再生するたびに思わず演奏に引き込まれてしまいます。