thaw - くるり

thaw

くるり

  • Genre | ジャンル: オルタナティブ
  • Release Date: 2020-04-15
  • Explicitness: notExplicit
  • Country: JPN
  • Track Count: 11

  • ℗ 2020 JVCKENWOOD Victor Entertainment

Tracks

Title Artist Time
1
心のなかの悪魔 くるり 6:20
2
鍋の中のつみれ くるり 4:56
3
ippo くるり 3:28
4
チェリーパイ くるり 5:01
5
evergreen くるり 5:09
6
Hotel Evropa くるり 0:54
7
ダンスミュージック くるり 5:51
8
怒りのぶるうす くるり 3:17
9
Giant Fish くるり 4:19
10
さっきの女の子 くるり 3:14
11
人間通 くるり 4:52

Reviews

  • view

    5
    By 四條 識
    『心の中の悪魔』を昨夜湯船に浸かりながら聴き、心の中でつぶやいた。「岸田さんが小説や映画のコメントを欲しがられるのもこういう歌詞が書けるからかぁ』ダークでビジュアル系バンドがシャウトしそうな内容をこんなにさらりとぽつりぽつり軽快にハミングされてしまったらミュージシャンズミュージシャンである岸田繁には大方勝負を挑むのはただのミュージシャンはやめているはずだと思う。『鍋の中のつみれ』は正解にはつみれになる前のイワシのすり身の歌だ。歌の中でつみれになる。未発表曲集を春先に出す、くるりは私の中で春のイメージがある。『さよならストレンジャー』から『ソングライン』と春先の印象が強い。『図鑑』は夏場『THE WORLD IS MINE』は海底『TEAM ROCK』は宇宙『THE PIER』はどこでもない場所。 個人的にすぐに好きになった曲は『Hotel Evropa』と『ダンスミュージック』の2曲。くるりのオールタイムベスト盤が『THE WORLD IS MINE』な自分にはあのアルバムの延長線上か『THE PIER』の制作過程にあったのだろうと推測する。後半の4曲は既出だが『チェリーパイ』といい『怒りのぶるうす』はさぞかしライブ映えする曲だと思う、特に後者。『Giant Fish』はシングルにしろアルバムにしろ外すのに相当迷ったと思う、初期のような構成の良曲。結局のところ、くるりに捨て曲はないってこと。みんな知ってるか。
  • ヘヴィーなロック調!

    5
    By ホムサ
    くるりらしさ残る、ヘヴィーなロック調が新鮮です!
  • 未発表?

    4
    By kyoppy
    後半4曲は、ベストオブくるりの初回限定盤に収録されている4曲。CD盤まで待とうかなぁ。
  • 良い!

    5
    By tokiha
    昔のくるりみたい
  • くるりは春に合う。

    5
    By pablo fish
    これ、本当に未発表曲なの?!というくらいに全ての曲が良いので驚いた。春のドライブにも最適な、くるりらしさ全開の曲もあるが、彼らには珍しいヘヴィーなロック調の曲もあって、バリエーションのあるアルバムになっていてとても聴きやすかった。CDにしか入らない曲もあるんで、是非そっちも買いたい。